利休の魅力

 

利休の魅力の一つとして、偉大なる『千利休』が「一期一会」の場を作る為に、7つの心遣いとして

利休七則

をつくっております。ほぐし処利休ではその心遣いを改めて大事にしていこう、という想いを今年から始めております。以下に利休七則を書きならべますね。

 

 

茶は服のよきように ……「事を行うには、相手の気持ち・状況を考えて。」

炭は湯の沸くように……「準備・段取りは、要となるツボを押さえて。」

夏は涼しく、冬は暖かに……「ものの表現は、本質を知り、より簡潔に。」

花は野にあるように……「もてなしは、相手を想う心で。」

刻限は早めに……「ゆとりは、自らの心掛けによって。」

降らずとも雨の用意……「備えは、万人の憂いを想定して。」

相客に心せよ……「何事に接するにも、無垢な心で。」

 

左の言葉が千利休の創った言葉です。右に簡単に解説を書いております。

この7つの心遣いをほぐし処利休では大事にしていきます!

 

  • にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
  • FC2ブログランキング
  • リラクゼーション ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)