勘違いの言葉 織田編

 

勘違いの言葉で思いついたのが、『広島弁』です。

 

うちの実家は愛媛県ですがしまなみの県境で言葉は福山寄りな感じです。

私の父親が孫たちにわざとわかりにくい方言を使って話しかけたりして、

子どもたちが????と思っている姿を楽しんでいました。

 

例えば『ワシがここを持っとくけーおまえはそっちをさげてくれーよ』

文章だけみるとわかりにくいですが、イントネーションをつけるとわかりやすいですね。

さげる→上げる の意味ですが息子は?????となっていました。

またこれは愛媛弁なのかもしれませんが、

『戸をたってくれ』

というのもわからなかったようです。

『戸を閉めてくれ』という意味なのですがなかなか使っていない言葉ですね。

 

いろんな方言を聞いてみるのもおもしろそうですね。

使わないと忘れてしまうのでジャンジャン使っておしゃべりしてきますよ!織田ブログ 1

 

  • にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
  • FC2ブログランキング
  • リラクゼーション ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)